忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

中華スマホ 転送電話の設定

今までの SH-01Fの白ロム機には「伝言メモ」機能があり、簡易的に留守番電話機能が使えていましたが、国際標準な中華スマホにはそんな機能はありません。

で、無料で留守番電話機能が使用できる050のIP電話に転送し、そこの機能を使ってしまうという多くの方が実践されている作戦をとることとしました。

検索してAndroidでの転送電話サービスの設定方法を探したところ、Android 4ぐらいより前は端末の設定画面から、Android 5ぐらいからは、電話アプリの設定から転送電話の設定が出来るらしいということなので、簡単に設定できるのだろうと色々と試してみたのですが、

「通話設定エラー」
「ネットワークから予期しない応答が返されました。」

などと、怪しさ満載のメッセージと遭遇。
このメッセージで検索してみると、多くの方が同様の問題で悩んでいるようです。

更に調べていると…

・現在のAndroidの転送電話の仕様は機能upされたため、
・SIMの仕様とミスマッチを起こしている
 (対応しているSIMが出ているのか知りませんが…)
・ダイヤルして転送電話を設定するのが現時点の解

ということで、端末から「1429」に電話して転送電話を設定しました。

DocomoのMVNOならば、どこでも同じ設定方法だと思いますが、楽天モバイルのページが判りやすかったかな。
現在使っているDMMモバイルのページは、設定方法の説明をDomonoに丸投げしていてイマヒトツでした。
PR

中華Androidスマホ ulefone T1

現在使用中のAndroidスマホ SHARP SH-01F が流石にOSの古さやメモリの足りなさで使いにくくなってきました。

「安くて、Band19に対応していて、AnTuTuで6,000以上のスコアは必須で、メモリが4GB以上あるもの…」

と Aliexpress や Banggood や GearBest などを探し回って、ちょっと気になった ulefone T1 なるスマホを ポチリ としてしまったところ、驚いたことに1週間掛からず到着!



相変わらずの中華パッキングです。
いつも1万円でお釣りが来るものばかり個人輸入していましたので、今回は「多少なりとも関税がかかるのかな?」と思っていたところ、何事もなく受領。

よくよく見てみると…



Value が $20.0 ですって。(輸入品は1万円以下は関税がかからないはず。個人輸入の場合は価格の60%に対して税金がかかるので、16,666円以下なら税金はかからないはずです。)

パッケージを開けてみると、



こんな感じ。箱の角が若干つぶれているのは個人輸入だから仕方ないね。
おおよそのスペックは画面のフィルムに書かれてますね。

操作した感じは、かなり快適!

SH-01FのCPUはSnapdragon 800シリーズのMSM8974でメモリ2GB、AnTuTu 19,000程度でしたが、このulefone T1のAnTuTu 67,000程度とiPhone 5sや6と肩を並べる値。

ベンチマークは性能の一端しか表しませんが、かなりパワーアップできたようです。

但し、本格的運用はモバイルSUICAの定期券が切れる10月5日から。
モバイルSUICAは来年ぐらいに買い替えるiPhoneに移行しますが、それまではノーマルSUICAに戻しちゃいます。


最近のメインタブレットは Kindle Fire HD 8 でした

Amazonさんの 約8,000円で購入したKindle Fire HD 8(2017)。
Google Play ストア を導入して、普通にタブレットとして使っていたのを忘れてました。



これって SIMが刺されば文句ないんですけどね。

スマホやタブレットをどうするか…

2015年の末頃に購入した 白ロムのd-tab(d-01g 2015年初旬発売) のメモリが1GBなのが問題なのか、Google Mapのナビの途中でアプリが落ちてしまうことが頻発。性能はAnTuTuで、25,000程度だからそろそろ限界ですよね。
ちなみに ほぼ引退状態となっている Nexus 7(2013) は、AnTuTuで 20,000程度。

2016年早々に購入した SH-01Fの白ロム機(2013年末発売) はメモリが2GBだからなのか、そんな経験はありません。
でもこの端末は、さすがにスマホとして持ち歩くにはちょいと性能が不足すぎます…  こちらもAnTuTuで25,000程度。

d-tabは基本的に引退として、どのようにスマホやタブレットを運用していくか悩み中。

例えば、iPhone。
現在の6sは、通勤でほぼバッテリーが無くなってしまうため、iPhone 8 plus か iPhone X にしようかと思案中。(X は、8 plus と性能的な差は無いのに、サイズと画面の差であれだけの価格差があるのは妙に納得できないので様子見かな、Touch FACE とかいうのも信用できないし、きっと不便)
あと、Androidで運用でしているMobile SUICAはこちらに移行できるし、Qiによるワイヤレス給電はNexus 7の環境があるので、即座に利用可能。
ちなみに、iPhone 6sのAnTuTuは、134,000程度。流石にiPhoneは多少古くても高級機。

で、Android端末 は、現在の SH-01F は性能的には我慢しても、OSとしてはもう限界の 4.4.2。 こちらは、Band 19 に対応した安価なものを購入しようかと。Band 19対応とAnTuTuで60,000越えは欲しいかな。

そうなると、SIMフリー化した iPhone 6s もしくは 白ロムのSH-01F をナビとして使えばよいかな…

ようやく iPhone 6s を SIMロック解除

以前にSIMロックを解除しようとしてちょっとだけ日にちが早すぎたことがあってから 既に1年半 が経過していますが、新iPhoneの発表でそろそろ買換えの時期だよなぁとWeb経由で解除してみました。

先ずは、auのSIMロック解除のページに行って、iPhoneの「設定」アプリの「一般」「情報」に表示される「IMEI」をスペースなしで入力して判定。



当然ながら、SIMロック解除可能な端末とのこと。
「こちらからお手続きを…」の「こちら」がリンクになっているのでクリックすると、au IDのログインが出てきますので、こちらにログイン(2段階認証なのでちょい面倒)し、更に数字4桁の暗証番号を入力。

で、ようやくSIMロック解除画面です。



歴代の購入端末リストになっちゃってますね。
該当端末をチェックして、SIMロック解除理由を「その他」で入力して完了しました。

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]