忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

日本酒:八海山 純米大吟醸 しぼりたて原酒 越後で候

八海山 純米大吟醸 しぼりたて原酒 越後で候
八海山 純米大吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 posted by (C)mch


毎年呑んでいる赤越後。
今回のものを事前に飲み屋さんで飲んだ時には、味がやや薄く、新潟得意の端麗になったかと思いましたが、購入したボトルはいつも通りに味わいが良く、仕込んだタンク毎にバラつきが多少あるのかもしれません。

いつの間にか「純米大吟醸」になってしまった赤越後ですが、あまり大きく路線変更はしないで、今後も楽しませていただきたいものです。
PR

母艦PCを急遽自作

一週間ほど前から突然母艦PCが調子悪くなり、来年にintel Coreシリーズ第10世代にて新規PC組む上げを計画していたのを前倒して、第9世代の Coreシリーズで構築せざるを得なくなってきました。

母艦PCなので、問題究明を行って部品交換を色々と試してみるような余裕は無く、新たなPCに母艦の役割を譲るのがまずは重要となります。(移行が終わってから問題特定を行って、修正後にサブマシン化するつもりです)


手持ちで Windows 7 Pro  から Windows 10 Pro にアップデートしてある 中古PC があるので、このPCを改造する形(つまり、これのライセンスを流用)で組上げることとしてみます。
また起動ディスクはSSDとしますが、データは通常のHDD上に置くことを想定しているため、手持ちの4TBのHDDを搭載する予定です。
で、Amazon で幾つかポチって翌々日に時間指定配達。

■ ケース:約3,000円
最近流行り(?)のドライブベイの無いもの。CD/DVD/BDはUSB3.0の外付けドライブを持っています。できれば安物でも電源のエアフローはマザーと別になっているタイプが良いかな。
でも電源のエアフローは別にできた方が良いかな。
Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00
Thermaltake (2018-02-09)
売り上げランキング: 470


■ マザー:約12,700円
M.2が速いのが良いなぁと探すと、H310 の安いものでは満足できず、H370かZ370かと探してこれにしてしまいました。
ASRock Intel Z390 チップセット搭載 Micro ATX マザーボード Z390M Pro4
ASROCK (2018-10-09)
売り上げランキング: 5,038


■ SSD:約8,500円
M.2 PCIe3.0×4 NVMe1.3 で500GBの安いものを探してこちらに。熱がヤバイとの話を後から見つけて、ヒートシンクも急遽注文。


■ SSD用ヒートシンク:約400円
安物でも温度は低下するようです。


■ CPU:約21,800円
この程度でよろしいかなと。値段先行で決めました。ステッピングが3種類あるらしいですけど、時期的には最新のものが届くと思われます。


■ メモリ:約6,000円
お安く8GB×2としてしまいました。注文してから、3000Mhz あたりのものにすれば良かったかなとちょっと後悔。きっと1,000円程度しか違わないでしょうから。

■ 電源:約3,500円
500Wなんてきっと不要だけど、ビデオカード追加したくなったらできるように。(CPU内のビデオを使っているので、300W程度の電源で問題なさそうだけど…)
玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W ATX電源 KRPW-L5-500W/80+
玄人志向 (2015-07-17)
売り上げランキング: 317


自宅にあったOSとHDDを除いて55,000円程度ですね。マザーで妥協すれば50,000円程度で組めそうですね。
年末年始での母艦移行を目指します。


■ 追記(2019年12月22日日曜日)
金曜日の夜に注文して、日曜日の夜から組み立て始めました。
昔は1台組むのに30分~45分程度だったのですが、1時間ほどかかってしまいました。
マザーに供給する電源がちょっと判りにくかったのと、ケースのスイッチやLEDの配線で細かい文字がねぇ…という…
電源周りを再チェックしてから起動してみると、一発起動(よかった)。
で、かなり静かですね。特に静音は意識していなかったのに、今までのPCよりも遥かに静かです。

ライセンスの大元のPCのHDDを接続して起動しましたので、構築したPCにてライセンスの認証をさせます。が、なかなかライセンスを認証せず、結局はプロダクトキーを入力することでライセンス問題はクリア。
SSDにクリーンインストールして利用するつもりなので、電源を落として、ライセンスの大元のPCのHDDを外し、以降は翌日。

■ 追記(2019年12月23日月曜日)
MediaCreationTool で USBメモリ にインストールプログラムをセットして、インストールを実施しました。認証も Microsoft にログインすることで問題なくOKとなりました。
「今日はここまで、明日から HDDにMyDocuments等を移動して環境を構築しなくては」と思って布団に入った時に 新しい 1909 の MediaCreationTool ではなかったことを思い出し、明日はOSインストールからやり直しします…

■ 追記(2019年12月24日火曜日)
まずは、1909版の MediaCreationTool をダウンロードし、USBに展開。
で、再度インストールしてみましたが、MyDocuments等の移動にてOneDriveの罠にはまってしまい、あれこれ悩んで、悩んで、悩んで、面倒なので更に再インストールを実施。
無事にMyDocuments等もHDDに移動できたので、明日以降いろいろなツール類をインストールしていく予定です。

■ 追記(2019年12月30日月曜日)
色々とインストールも進み、年始からはデータ移行と思っている矢先に風邪を引いてしまい、寝正月は決定的です。(ちょこっと正月酒は飲むと思いますけど)
そんななか、たまたま CDリッピングをすると途中で止まってしまう…!!!
そういえば、古い外付けのBDドライブでCDリッピングをしたことなかったぁ。
2,000円ぐらいの新しい外付けDVDドライブを買いなおします…

日本酒:臥龍梅 純米吟醸 五百万石 袋吊雫酒 生

臥龍梅 純米吟醸 五百万石 袋吊雫酒 生
臥龍梅 純米吟醸 五百万石 袋吊雫酒 生 posted by (C)mch


五百万石っぽくないなぁと思ってよくよくラベルを見ると、吟醸酒でした。
なるほど。

OPPO Reno A 買ってみました




かみさんの端末の調子が悪いということで、「国内流通品」で「安価(3~4万円)」で「良さそうなの(良さそうの定義:「某位置ゲーなどがストレスなくできて、できれば防水な端末」とのこと)」 が欲しいということで探してみました。

基本的にAntutu 総合で200,000程度もあれば十分であろうと調べてみました。

まずは、SIMフリーで容易に入手できるであろう iPhone 8 を調べてみると、5~6万円程度で今回の価格ターゲットにはマッチしません。
Google Pixel 3a は、Snapdragon 670採用で 価格は5万円しないぐらいと、価格ターゲットよりは多少上の値段です。
日本のメーカは、コスパの問題で全滅。要求性能を考えると7万円程度必要となりそうです。
多くのミドルレンジ機は、Antutu で 100,000~150,000程度なんですね…
200,000ぐらいというラインは、ミドルハイ・ハイロウ といったラインなんですね。でも、要求を考えると、この辺りをラインに置かざるを得ないようです。


で、国内流通している中華端末を考えると、今回唯一選考外にした Huawei のコスパは良いですね。5万円台半ばのnova 5Tなど非常に魅力的な端末です。でも、今後の見通しが立ってない中での選択は難しい。
大陸のXaomi は、Snapdragon 730G の note 10 が6万円、半島のLGの2画面端末が6万円、Galaxyもちと高い、台湾のASUSはターゲットとなる 価格/性能 の端末がスッポリと抜け落ちていて、躍進中のOPPOに行き当たりました。

OPPO Reno Aは、Snapdragon 710で、ストレージ 64GBが税込みで39,000円程度、ストレージ 128GBが楽天モバイルからのみですが 39,800円。
電源起動時に「Rakuten」と出てくることや、楽天関係のアプリが入っていること、APNの設定を自前で実施する必要がある(楽天モバイルのAPNしか入っていないので)こと をクリアできればお得かもしれません。(楽天モバイルに移行してしまえばもっと安く買えますけど) 

ということで、ほぼ4万円の端末をプチっとしてしまいました。(楽天ポイントが結構沢山つきましたので実質はもう少し安いですね)


■ 追記
問題はそれなりにあるようですが(OS等の問題、画面がなかなか明るくならない時があるとか…)、性能的には全く問題なく利用できているようです。

日本酒:而今 特別純米 にごりざけ 生

而今 特別純米 にごりざけ 生
而今 特別純米 にごりざけ 生 posted by (C)mch


而今のにごりざけ。

昨年よりも上品な透明感すら感じる絶妙な味です。
いかん、すぐに無くなる…

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]