忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

宴履/鳴瀬喜博

宴暦EN・REKI ~ NARUCHO 60 YEARS
宴暦EN・REKI ~ NARUCHO 60 YEARS
ジェネオン・ユニバーサル


ベーシストの鳴瀬喜博氏の還暦記念アルバム(?)

前半では、カルメン・マキ&OZ、Char、Loudness(樋口宗孝)、金子マリ&BUX BUNNYなどなどと、「その世代」の方々には涙物かも知れません。自分は、中学・高校・大学時代を思い出してしまいますね~。

ハードロックからどんどんFunkになって行き、URUGOME(うるさくてゴメンねBAND)の曲が最後の曲になっています。

なるちょ 自身のライブには出向いたことはありませんが、色々なライブで「Funkなベーシストだな」とおもってステージを見ると なるちょ がプレイしていたなんて事が多々あります。
一番印象的だったのは、半分ヒマ潰しで行った高中正義のコンサート。観客の多くが「あのベースは誰?うるさすぎないか?」という状態で、ギターを喰ってしまうようなベースを楽しませてもらったことを思い出します。高中正義も当然の如く、このアルバムに入っていますね。

PR

INVITE/PRISM

INVITE
INVITE
スリーディーシステム


久々のPRISMのニューアルバムなのですが、すっかり購入が遅れて今頃になって入手。

Progressive Fusion という分類はされているものの、Hard RockだったりJazzyだったりしていて、無ジャンルな弾きまくりなアルバムです。

このような「弾きまくり」って好きです。

OVEREXPOSURE/ExhiVision

exhivision-overexposure.jpg
OVEREXPOSURE
インディペンデントレーベル

昨年2月に入手不可能と諦めたアルバムをようやく入手。 メジャーな流通経路には乗っておらず、WORLD DISQUEにて購入しました。

Amazonで扱っている中古は、
中古商品1点¥ 15,800より コレクター商品1点¥ 12,980より
というプレミアム価格ですが、WORLD DISQUEにて問題無く「定価+送料+振込み料」で購入できました。

Beyond The Earthbound/ExhiVision

Beyond The Earthbound
Beyond The Earthbound
USMジャパン


ExhiVisionの3rdアルバム。
相変わらずの無ジャンル系。最も近いのはprogressiveか?
弾きまくりで楽しい以外に、彼らの古い曲もフィーチャーされていて、ちょっと面白い。

前回の2ndアルバムは初期予約以外入手不能ということで再販されるまで諦めることに。

追記:
1曲目はPRISMっぽくスタートして、突然に難波ワールド。ややスローな7拍子に高速6拍子などの変拍子ワールド。
2曲目は、高速弾きまくりですが、難波キーボードの裏で和田ギターが壊れたように弾いている。音の分解能の高いヘッドホンがお勧め。
3曲目は、異様に難しそうな合わせ。
4曲目は、おなじみのPSISMナンバー。
5曲目は、難波ワールドとPRISMワールドの融合のような曲だが、和田ギターが燃えている。
6曲目、お、重い。
7曲目は、難波ワールドなバラード
8曲目は、やばい合わせから入り、ドライブしている。

Allan Holdsworth and Alan Pasqua: Live at Yoshi's

Allan HoldsworthのオフィシャルライブDVDということで、どうせ演奏を観るためなので国内版のほぼ半額で個人輸入。
まあ、リージョンはたまたま購入した安価なDVDプレイヤーがリージョンフリーだったので、気にはしていません。

学生時代に酒代を削ってVHSで購入したTokyo Dreamの時のような鮮明な画像と音で、非常にお薦めだと思います。ちとカメラワーク(というか編集?)が落ち着かないのが気になりますが。
久々に超絶ふにょふにょギターに浸って(酒呑んで)います。

追記:
大量に(5枚以上)買うときには、送料割引のあるImportCDs.comにて、少量の場合はAmazonのマーケットプレイスにて   importcds_comもしくはcaiman_americaを探すか、CaimanZone.jpにて購入しようとすることが多いです。いづれも個人輸入になりますので、DVDのリージョン問題や、日本語の解説が必要な場合はNGです。

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]