忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

Palace in the sky/PRISM

Palace in the sky
Palace in the sky
バウンディ
 

1月に注文していたCDがようやく到着です。
ブチブチギターを少々恐れていましたが、恐れるほどではありませんでした。

しかしながら、
  • 全体的に曲に色気が足りない
  • 最初は、Voセクションをgで補っているのかと・・・
  • アルバムの中程の曲からスケールな早弾き(嫌いじゃないけど)
という状態なので、暫く聞き込んでみます。


追記:
ライブ音源でブチブチと音が切れているギターも今回のCDではechoやreverbのお蔭なのか、あまり違和感ないです。
PR

Palace in the sky/PRISM

Palace in the sky
Palace in the sky
バウンディ
 


1ヶ月ほど前に予約注文していたのですが、ようやくAmazonにジャケット写真が登場しました。
最近、発売後に購入しようとすると入手困難になることも多いので、予め注文を入れています。

最近妙に「カツカツ」と音を切ってしまう和田アキラ氏のギターはどうなっているんでしょうか。
楽しみでもあり、恐ろしくもあり・・・

A Sound Lump/W.I.N.S

A Sound Lump
A Sound Lump
インディーズ・メーカー



かなりの間、買わずに放置プレイしていたのですが、そろそろ廃盤とか発売元の倒産などが心配になってきたため購入。

変拍子バリバリのプログレッシヴは楽しい。1995年、1996年のライヴ音源。

宴履/鳴瀬喜博

宴暦EN・REKI ~ NARUCHO 60 YEARS
宴暦EN・REKI ~ NARUCHO 60 YEARS
ジェネオン・ユニバーサル


ベーシストの鳴瀬喜博氏の還暦記念アルバム(?)

前半では、カルメン・マキ&OZ、Char、Loudness(樋口宗孝)、金子マリ&BUX BUNNYなどなどと、「その世代」の方々には涙物かも知れません。自分は、中学・高校・大学時代を思い出してしまいますね~。

ハードロックからどんどんFunkになって行き、URUGOME(うるさくてゴメンねBAND)の曲が最後の曲になっています。

なるちょ 自身のライブには出向いたことはありませんが、色々なライブで「Funkなベーシストだな」とおもってステージを見ると なるちょ がプレイしていたなんて事が多々あります。
一番印象的だったのは、半分ヒマ潰しで行った高中正義のコンサート。観客の多くが「あのベースは誰?うるさすぎないか?」という状態で、ギターを喰ってしまうようなベースを楽しませてもらったことを思い出します。高中正義も当然の如く、このアルバムに入っていますね。

INVITE/PRISM

INVITE
INVITE
スリーディーシステム


久々のPRISMのニューアルバムなのですが、すっかり購入が遅れて今頃になって入手。

Progressive Fusion という分類はされているものの、Hard RockだったりJazzyだったりしていて、無ジャンルな弾きまくりなアルバムです。

このような「弾きまくり」って好きです。

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]