忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

櫻子さんの足下には死体が埋まっている/太田紫織

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)
櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)


タイトル的にキャッチィなのでちょっと躊躇っていたのですが、本屋さんで「面白い」と書いてあったので、古本屋さんで買ってきました…

北海道の旭川なのですが、道民だった自分もいつも通過してしまう街なのです。その周りの土地には行くこともあるので、小説の中で出てくる地名には妙に馴染みがあり、しっかりと土地の様子がイメージできてしまいます。

何故こんなコンビができてしまったのかという点には(読書が)至っていませんが、なんとなく米国のドラマ Bornsを彷彿とさせつつも、時系列に沿った短編の連続は読みやすいなと、本屋さんの女主人公を思い出しながら読み進めました。

どこをとっても有ったようなプロットだったりしますが、旭川という土地柄だけは独特な本で、順調に2冊目に入っています。購入した3冊は問題無くクリアできそうです。

追記
楽々と3冊読破。ラノベとはちょっと次元が違ってキッチリと小説しています。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]