忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

天冥の標 3/小川 一水



時代が飛んで話が独立っぽく進んでいた本シリーズの全体像がほぼ見えてくる巻。
シリーズを連続して読めば、もう少し早くに全体像に気付くかもしれないが、4ヶ月毎の出版ではなかなか気付かないし、再読するようなタイミングも持ちにくい。

それでも、登場人物がやや単調な気もしますが、楽しめました。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]