忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

君の膵臓をたべたい/住野よる

 ちょっとタイトル買いして少々面白かった作品とダメだった作品。
 先ずは良かったのが「君の膵臓をたべたい」。


君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 書店で平積みしてあり、タイトルがサスペンスなのかミステリーなのかブラックな恋愛小説なのか、はたまた伊藤計劃のようなSF作品なのかと思って購入。
 読んでみると「四月は君の嘘」に非常に良く似た恋愛小説なんですね。
 読み終えて調べてみると、映画化されて平積みになっていたようですが、こんな感覚の恋愛小説は最近はありきたりになってしまったかなと思えて、少々面白いという評価な作品。


 残念だったのは、あのサンリオ文庫を有名にした ジェイムズ・ティプトリー・Jr による「たったひとつの冴えたやりかた」のパロディーと思われるタイトルの「たったひとつの冴えた殺りかた」。


たったひとつの冴えた殺りかた (HJ文庫)

 こりゃあ、編集者が無理やりつけたタイトルじゃないのかと思えるほど無関係な作品。1/4を読んで敢え無く挫折。

 ハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」の類似タイトル小説群より遥かに良くない…
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]