忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

インシテミル/米澤穂信



読んでみると、かなりの荒唐無稽な実験的な状況を作ったミステリー小説。
Amazonのレビューを見てみると、やはり ダメな人には徹底的にダメ な小説になっており、評価がバラバラ。
ある意味、これだけバラバラな評価を受けるなんて素晴らしいです。

個人的には、荒唐無稽な設定はそれほど嫌ではないのですが、凶器をお互いに秘密にしてしまった点での気持ち悪さ、主人公が隔離されてから始まる解決編がいまひとつ軽すぎるような、フワッとした印象を受けてしまいました。

古本屋で買った 米澤 氏 の作品はもう少しあるので、そちらも読んでみます。

(でも、そろそろ青空文庫に戻らなくては・・・ 柳田国男とか吉川英治などが今年から出てきましたので)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]