忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

中華Androidスマホ ulefone T1

現在使用中のAndroidスマホ SHARP SH-01F が流石にOSの古さやメモリの足りなさで使いにくくなってきました。

「安くて、Band19に対応していて、AnTuTuで6,000以上のスコアは必須で、メモリが4GB以上あるもの…」

と Aliexpress や Banggood や GearBest などを探し回って、ちょっと気になった ulefone T1 なるスマホを ポチリ としてしまったところ、驚いたことに1週間掛からず到着!



相変わらずの中華パッキングです。
いつも1万円でお釣りが来るものばかり個人輸入していましたので、今回は「多少なりとも関税がかかるのかな?」と思っていたところ、何事もなく受領。

よくよく見てみると…



Value が $20.0 ですって。(輸入品は1万円以下は関税がかからないはず。個人輸入の場合は価格の60%に対して税金がかかるので、16,666円以下なら税金はかからないはずです。)

パッケージを開けてみると、



こんな感じ。箱の角が若干つぶれているのは個人輸入だから仕方ないね。
おおよそのスペックは画面のフィルムに書かれてますね。

操作した感じは、かなり快適!

SH-01FのCPUはSnapdragon 800シリーズのMSM8974でメモリ2GB、AnTuTu 19,000程度でしたが、このulefone T1のAnTuTu 67,000程度とiPhone 5sや6と肩を並べる値。

ベンチマークは性能の一端しか表しませんが、かなりパワーアップできたようです。

但し、本格的運用はモバイルSUICAの定期券が切れる10月5日から。
モバイルSUICAは来年ぐらいに買い替えるiPhoneに移行しますが、それまではノーマルSUICAに戻しちゃいます。


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]