忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

モバイルバッテリー cheero Power Plus 3 mini をポチりました




 先日入手した モバイルルータ FS030W は、使用状況にもよりますが、内蔵バッテリーで約12時間の運用が可能であるということです。

 が、平日の自分の通勤時間を全てカバーしようと思うと、16時間…、余裕を見て18時間は稼働することが必要です。FS030W は、長時間運用時には内蔵バッテリーを抜いて、直接 microUSB からの給電で稼働することができますので、モバイルバッテリーでの運用することを目指してみました。
 FS030W の内蔵バッテリは 3,060mAh の容量を持っていますので、約12時間稼働できるとのカタログスペックですので、2500mAhが1時間分と考えると、4,500mAh のモバイルバッテリーで18時間程度の運用が可能となります。
 多少使い込んで劣化が生じたモバイルバッテリーは、公称値の 70% 程度になると想定すると、6,500mAh 程度のモバイルバッテリーを購入し、運用するのが良さそうです。
 また、モバイルルータは当然ながら持ち歩く必要がありますので、できるだけ小さく軽いものが望ましいので、「大は小を兼ねる」などと10,000mAh を超えるような大容量のモノは逆に目的に合致しません。
 モバイルバッテリは、有象無象がネット通販に氾濫していますので、下調べをして事前にメーカーを絞っておいた方が良いだろうと、(高価な)日本メーカー以外で、ある程度は名が通ったメーカーを探してみました。

 定番:Anker、cheero
 その次:RAVPower、Poweradd、PHILIPS
 ここまで:MAXOAK、Huafu、ADATA
 様子見:KYOKA、MOXNICE、TSUNEO

 基本的に、日本に拠点があるメーカーが上位で、ホームページすらない怪しい会社は除外しています。

 これらのメーカーでモバイルバッテリーを検索して探してみると以下のような商品が見つかりました。

メーカ 商品 容量 重量
RAVPower RP-PB169 6,700mAh 124g
cheero Power Plus 3 mini 6,700mAh 130g
Anker PowerCore II 6700 6,700mAh 128g

 8,000mAh ぐらいの商品があるのかと思いましたが、最近は 5,000mAh、6,700mAh、10,000mAh というステップのようです。
 Amazonでは RAVPowerが安かったのですが、楽天のポイントが2300ポイント程あったので、cheeroを注文してしまいました。14時間ほどでバッテリーが半分になるはずなので、様子を見ながら使っていくこととします。



■ 追記
 快調にモバイルルータの電源としてモバイルバッテリーは利用できていますが、約12時間で充電ランプが半分になりましたので、24時間は持ちそうな様子です。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]