忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

Xiaomi Amazfit BIP が届きました

Xiaomi シャオミ Amazfitスマートウォッチ BIP BIT PACE Lite 32g超薄型スクリーン1.28 引き続き45日間使用するgps、トラック、屋外/屋内ラン、乗り、ウォーキング、睡眠と履歴データIP68(英語版) (黒)


有機ELの経年変化で画面が見ずらくなってきた Xiaomi band 2 の次として個人輸入してしまった Xiaomi Amazfit BIP がようやく届きました。

約$55(USドル)でしたので、ざっくり6,000円でした。Amazonで、8,000円~10,000円程度で売られていますので、多少の節約かな。

機能的には、バッテリーの消費が大きいGPSとかは使わないんだろうなぁ というものもありますけど、連続心拍数とかスマートフォンの通知表示とか必要なものは揃っていることと、画面はまあまあ見やすいことが良いところでしょうか。
英語モードで動かしていますが、通知などは問題なく日本語も表示できます。

今のところ6,000円と考えると何も問題ありません。

最近は有機ELの端末で画面が1年程度しか持たないものが続きましたので、どれだけ耐久性があるかがポイントだと思っています。
PR

中華タブレット Hi9 Air を買ってみました


現在利用しているタブレット端末である Nexus7(2013) や d-tab d-01g の調子が思わしくなく、どうせならと SIM が差せる(& それでも安い)端末を昨年あたりから探していました。

安くて、SIMフリーで、AnTuTuは70,000越えで、Android 8 以上とやや欲張りな探し方をしていると、日本メーカーは論外ですし、ASUSは型落ちじゃないと安くならないし、Huawei でも3万円、Xiaomi も同じくらいでしょうか。

そんな中、中華サイトで気になったのがこの端末。180米ドルを切って、AnTuTu 100,000近くで、Softbank SIMならプラチナバンドもOKなので、ちょっとサイズが大きすぎるかなとも思いつつ、クリックしてしまいました。

とりあえず、タブレット環境はこちらに引越しします。


追記

中華タブが届いて1週間ほどで d-tab d-01g が起動しなくなりました。
電源は入るのですが、Androidを読み込みに行かないのです。

Smart Band (要は万歩計かな) 次は何にしようかな

すっかり blog に書き忘れていましたが、昨年9月に Smart Band として Xiaomi Mi Band 2 を購入して快調に利用していました。

個人輸入で $22.29(約2,500円) で購入し、ン万円するようなものは不要かなという気分にさせてもらいました。
大陸の品でも、それなりのメーカーのものは品質的にもあまり問題ないというのを実感いたしました。

さて、購入してそろそろ1年。
OLEDの表示も暗くなりつつありますので、そろそろ違う商品に…
やはり Xiaomi Mi Band 3 なんでしょうか。個人輸入で 3,500円程度、国内正規で5,000円程度ですねぇ。

HUAWEI とか Lenovo とかチェックしつつ考えますね。


追記

gearbest にて Xiaomi Amazfit BIP が $55 程で売っていたので、ついついクリック。
でもバッテリー消費の激しい GPS はきっと使わないだろうなぁ。

そろそろ死亡か!? iPod classic

購入して2年後ぐらいから自動車の音楽担当だった iPod classic 80GB ですが、本日突然にカーオーディオと離反してしまったようです。



いつから サポートされていない iPod に変身したのだろうか…

とりあえず、満充電してから(といってもスグに放電してしまうのでしょう)カーオーディオに接続してみます。

で、このiPod classicが壊れたら別の iPod は2台ほどあるので、暫くは困ることは無いと思います。
が、念のため新しいものってどんなのがあるのかなと思い、Appleのサイトでラインナップを見てみると、iPod touch 以外は無くなってしまったのですね… (@ @)

となると、Walkman をカーオーディオに接続しても再生できるのかな? 取りあえず、USBの mass storage class に対応していればどうにかなるのか? であれば、SDカードリーダーでも良いのか…


追記

バッテリーがヘタって、1/2充電程度までしか出来ないようです。
blogで調べると、2007年12月12日に購入したようなので、既に10年以上経過していますね。
ついでにカーオーディオを調べてみると、USBメモリをFAT32でフォーマットしてmp3とかAACとかの音楽ファイルを入れておけば再生してくれるようです。

ということで、自動車での音楽再生には既にDAPは不要だったんですね…
自宅に転がっている小型のUSBメモリ(16GBとか32GBが転がっているハズ)にiPod内の音楽ファイルをコピーしておきます。

Pod野郎」なるソフトを利用させていただいて楽曲を抽出し、一部m4aで保存されていた楽曲をmp3に変換して(今回は、「TAudioConverter 64bit」というソフトを利用させていただきました)、USBメモリに保存しました。
iPodからの楽曲の抽出で少々苦労しましたが、問題無く再生できています。


更に追記

自宅に転がっていたUSBメモリでは、頭の出っ張りが少しだけ気になるので、もっと小さなものを購入してみました。


とりあえず、これで様子を見てみます。
念のため自宅に転がっていた小型USBメモリとの比較写真。



かなり小型で、抜き差ししているとスグに無くしてしまいそうな感じがありますが、残念ながらカーオーディオのUSBの口の蓋が閉まるほど小さいわけではなかったようです。

SMSL SA-98E を買ってみた

そこそこ音が良いということで、2012年に購入した中華デジタルアンプ Lepai LP-2020A の電源投入時の「ボン!」という音が気に入らなくて、2013年に買いなおした Lepai LP-V3 ですが、大きな不満も無く、使い続けていました。
しかしながら、寿命がとうとう来てしまったのか、片チャンネルの音が出なくなるというトラブルに見舞われてしまいました。

そこで、ちょっと古い機種ですが、評価も良くて価格もそこそこ安い SMSL(正しくは S.M.S.L ですね) のSA-98E を購入してみました。

Amazonで8,500円程度のアンプです。(1万円を超える価格がついていることもありますが、多くの場合ポイント還元で、8,500円程度で購入できます。)

最近は、ウォークマン NW-A35 を接続して音楽を流していることが多かったのですが、安物USB-DAC でも買って、PCから再生しても良さそうですね。

明日には届くと思いますので、週末が楽しみです。


で、木曜日に注文して、キッチリと金曜日に届きました。

Amazon箱を開けて、中身を取り出すと…



箱の上辺がちょっとだけ潰れている… まあ、中国からの輸入商品ですからね。



いや、本当に本体よりも電源の方が大きいですね。大昔は、「アンプは電源だ!」とか「アンプは重い方が良い!」等の話がありましたが、スピーカーを駆動するという意味では未だに正しいのでしょうね。



電源のON/OFFボタンとボリュームだけなので非常にシンプルですね。

さてさて、鳴らしてみると、評価にもあったように、ちょっと高音域に刺さるような部分を感じますが、かなり良いですね。これの前段にプリアンプというか入力のセレクターがあれば、良いかなぁ。土日は鳴らし続けてみます。
あぁ、9,800円で買ったVH7PCのスピーカーではなく、もう少し良いスピーカーが欲しくなってきた。

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]