忍者ブログ

defactory

日記なのか酒blogなのか

Mpow bluetooth イヤホン を買ってみた

最近評価が良い Mpow のBTイヤホンを購入してみました。
防水仕様( IPX7 )で、bluetooth 5.0 、APT-X対応のスポーツタイプのものです。
約2,000円( 購入時にはクーポン適用で1,999円でした )という事でかなり安価な部類です。




Mpow といえば、車載ホルダーやセンサーライトなどの小物電気製品のメーカーという印象でしたが、イヤホンも多く作っているとは想像していませんでした。

「最近は評価が良いイヤホンはドンシャリなものが多いんだよな」と思いつつ、サクッとペアリングして音を聞いてみると、ちょっとドンシャリ… いえ、結構ドンシャリです。
耳に付けた際のフィット感は非常に良く、柔らかながらも耳から簡単に外れるようなことは無さそうでなかなか良い感じです。

そのままちょっと聴いていくと、音の粒がしっかりとしているのは良いのですが、ドンシャリ傾向と相まって、音に「角」を感じてしまいます。
ある程度のエージングが進むと多少は良くなるのかもしれませんが、自分の「いつもの音量」で音楽を聴いていると疲れてしまいました。いつもより小さい音量で聴く必要がありそうです。

ドンシャリが激しいため、常用はせずジョギング専用となりそうです。
PR

Amazon Echo Dot + Link japan eRemote mini


Amazon Echo Dot と Link japan eRemote mini の組み合わせ、既に設定してから1年を過ぎていますので、今までの設定から「スマートホームスキル」に再設定してみました。

今までよりもコントロールが色々とできるみたいで、早々に再設定しておけば良かった…

「アレクサ 暖房を25度にして」
「アレクサ チャンネルを1にして」

などなど(ひとりで喋るのはちょっと抵抗感ありますけど)便利に使っています。

WiFiスマートプラグ Meross を加湿器に導入

自室のテレビや照明、エアコンなどはAmazon Alexa経由の音声でコントロールできるのですが、冬になってきて寝ている最中に乾燥が激しくなってきた場合に同様に音声で加湿器をONにしたいとAmazonのタイムセールで安くなっていたスマートコンセントを導入しました。

ちょっとした設定で、
「Alexa 加湿器をつけて」
で夜中に起き上がることなく加湿器がONにできるようになり、ちょっとだけ快適です。

車で5ポートUSB電源


車でやたらにUSB電源で利用するものが増えてきたので、Amazonにてタイムセールを実施していたこちらのUSB電源を購入してしまいました。

今まで使っていたのは、USBが2口なこちらのもの。



WiFiルータとか車内に常設してしまったので、2ポートでは全く不足ですが、5ポートなUSB電源を車に設置して、車の中がUSBの配線だらけになり、雑然としてきて、こりゃ困ったなぁとも思っています。
いや、便利なんですけどね…


こんなの(↓)を使って、車の裏側から配線し、必要なところにUSBの口を出すようなことを考えないとダメなのかもしれません。


DHCPが異常でした

ここ数か月の間、無線LAN経由のネットワークの調子がおかしいと思っていると、無線LAN経由で設定したつもりのないIPアドレスが払い出されていることが分かりました。

自宅のネットワークのIPアドレスは、(あまり意味はないのですが…)172.XXX.1.XXX とクラスBで第3オクテットが1となるネットワークなのですが、調子の悪い機器に払い出されているIPアドレスは、192.168.0.XXXというIPアドレス。

何かの機器がDHCPをバラまいているのですね…

基本的に、有線LANで接続している機器はDHCPとは関係のない固定IPで稼働しているため、問題の発生になかなか気づきませんでした。
「ネットワークの調子が悪い」と認識する半年ぐらい以前からの導入もしくは設定した機器が悪さをしているのでしょう。

で、電源を落とすとネットワークが正常となった、問題の機器はこちら。

NEC AtermWR8165N(STモデル) PA-WR8165N-ST
NEC (2012-10-12)
売り上げランキング: 7,768
Google先生に聞いてみると、APモードでDHCPサーバ機能を停止していても、「DHCP Clientを使用する」という設定になっているとDHCPの情報を出しちゃうみたいなんです。
Atermなので一番問題が無さそうな機器だと思っていたのですけどね…
とりあえずファームウェアを最新にしてから設定を変更して、これで大丈夫かな?

自宅ではルータやアクセスポイントが複数台稼働しているため、問題が発生すると解決に時間がかかります…


◆ 追記
あれれ?まだおかしいぞ?
と、調べていくと、駐車場に電波を出すために設置している TP-Link の WiFi中継器 (TL-WA850RE) もDHCPをだしているようでした。


ノートPCに直接接続して、ファームウェアを最新にし、中継器モードからAPモードに変更してDHCPを止めてから再度中継器にモードに戻すという手順を実施。
調査を含めて半日仕事を完了させ、様子見に入っています。

今回、DHCPサーバ機能を持っている機器は信用できないということが判りました…
安価な機器ですので、メインの使い方以外ではちゃんとテストしていないのでしょうね。

これでも調子が悪ければ、全て買い替えてメッシュネットワークに変更してしまうしかないかな?

Copyright © defactory : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]